酸素カプセルで活力あふれる人生を

酸素と血液の関係

私たちは、口から呼吸して酸素を身体に取り入れています。
口から入った酸素は、体内でどんな働きをしているのでしょうか?

 

1番大切仕事は、脳を動かすことです。

 

脳に酸素が供給されないと、身体は機能を停止してしまいます。

 

また、その他の器官が正常に動くためにも、酸素は不可欠なのです。

 

栄養を食物から摂取したとしても、それが供給されなければ意味がありません。
身体中に張り巡らされた血管は、心臓が放出する酸素によって血液と栄養を全身に行き渡らすことが出来るのです。

 

血の巡りが健康に深く関わっているということをご存知ですか?

 

血の巡りとは、血行のことです。
血行が悪化した状態の血液には、酸素があまり含まれていません。
酸素の少ない血液は老廃物や二酸化炭素を排泄する機能が衰えており、体調が悪化するのです。

 

肩こりや疲労感など、血行の悪化は様々な症状を引き起こします。

 

例えば、お肌のトラブル。
肌は、人体の中でも優先順位が低くいので、血行が悪化すると、栄養や酸素が届かなくなります。

 

乾燥や肌荒れは、気温や湿度といった身体の外側にある環境だけではなく、内側の状況にも起因しているのです。

 

血行の悪化の進み具合によっては、動脈硬化や心筋梗塞など、命に関わる疾患の原因になりうるのです。

 

現代人は、血行の悪化を招きやすい生活をしています。
運動不足や偏った食生活、ストレス過多などが良い例です。
特に、喫煙やアルコールの過剰摂取は、体内の酸素を減少させる悪習慣といわれています。

 

血行が悪化する原因の1つである酸素不足。
これを補う方法として近年注目されているのが、酸素カプセルなのです。
 

酸素カプセルの仕組み

酸素カプセルという言葉を初めて耳にしたという人もいるかもしれません。

 

大気中の酸素量がどれくらいかご存知でしょうか?
小学校などで習うときは、約25パーセントだといわれています。

 

ただし、これはあくまで平均です。

 

近年では森林伐採や大気汚染などによって、空気中の酸素量が減少傾向にあります。
都市部や住宅過密地域では、20パーセントを下回ることも少なくありません。

 

そういった社会で暮らす現代人の強い味方が酸素カプセルなのです。
 

 

その仕組みは、高気圧で酸素の含入量が多いカプセル内で一定時間過ごすことにより、
通常の呼吸よりも効率的に酸素を身体の中に取り込むというものです。

 

フィットネスクラブなどにある酸素吸入マスクの強化版といえばわかりやすいでしょうか。

 

しかし、その効果は全く違います。

 

私たちが口から摂取する酸素は、毛細血管を通りにくい種類のものです。
酸素カプセルでは、毛細血管の末端まで行き渡る
溶解型酸素といわれるタイプの酸素を補給出来るのです。

 

全身に張り巡らされた血管のうち、9割が毛細血管になります。
また、心臓をはじめとした臓器も、毛細血管で覆われているのです。

 

これらの器官に隈なく酸素が浸透するということは、
すなわち身体的パフォーマンスが底上げされるに等しいといえます。
健康な身体は、仕事をするうえで欠かせません。

 

また、自らの肉体を資本とするスポーツ選手などは、
大事な試合前に酸素カプセルで調整をする人もいるのです。

 

さらに最近では、仕事に関わらず、美容や健康を手にしたいという人が、
酸素カプセルを使用するケースが増加しています。

更新履歴


このページの先頭へ戻る